***輝け主の栄光***Shine, Jesus, Shine


by lumenchristi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

年間第34木曜日
第11回百日連続共同祈願 72/100

愛する母校、Franciscan University of Steubenville から週日、
Daily E-SpirationというEメールが届きます。
聖書の言葉や、
古今東西のキリストにおいて兄弟姉妹から信仰の励ましとなる言葉が届けられます。
昨日はマザー・テレサの言葉でした。
2007年刊の単行本、Come Be My Light はまだ和訳出版されていないようですが、
この言葉自体はすでに出版されているマザー・テレサ関連本のどこかに
収録されているかもしれません。
でも私には初耳、いや以前聞いていたのにスルッと外に出てしまっていたのかもしれません。
今回は、標的にされて投げられたドッジボールを真正面からズドンと受け止めたように
心のど真ん中におさまりました。

“To give ourselves fully to God is a means of receiving God Himself.
I for God and God for me.
I live for God and give up my own self,
  and in this way induce God to live for me.
Therefore to possess God
  we must allow Him to possess our soul.”

  神に私たち自身を与え尽くすことは、私たちが神ご自身を受ける手段です。
  私は神のために、神は私のために。
  私は神のために生き、自分自身を放棄します。
  そうすると神は私のために生きることができるようになります。
  ですから私たちが神を所有するには
  神に私たちの魂をすすんで明け渡して所有していただかなければなりません。
                                        (lumenchristi訳)
Mother Teresa
Come Be My Light, Doubleday

f0185902_9344740.jpg

[PR]
by lumenchristi | 2010-11-25 10:26
年間第34火曜日
第11回百日連続共同祈願 70/100


f0185902_10162143.jpg


1週間前にお知らせしたウィズ・エンジェルスの賛美の集いに行ってきました。
外せない用事があったので、開始から1時間も遅れて会場に到着しましたが、
すでに聖霊の炎で温まっているところにスッと入って賛美に加わりました。
彼らの歌う歌はすべて知っていましたが、
今ここで主に向かって賛美しているから、
常に新しい歌を歌っている気がします。

賛美の後のお茶の時間には、
いつもおいしい手作りのお菓子が並びます。
今回はこんなにすてきな「ありがとう」ケーキも。
神様に、ウィズ・エンジェルスに、
天上と地上で一緒に賛美したすべての天使と兄弟姉妹に、
ありがとう041.gif
[PR]
by lumenchristi | 2010-11-23 23:14

忍耐 ∞ Perseverance

年間第33水曜日
第11回百日連続共同祈願 64/100

月に一度、レクチオ・ディヴィナで祈る虹の会。
今日祈ったのは、3日前の年間第33主日の福音朗読、ルカ21・5-19。

ある人たちが、神殿が見事な石と奉納物で飾られていることを話していると、イエスは言われた。
「あなたがたはこれらの者に見とれているが、
一つの石も崩されずに他の石の上に残ることのない日が来る。」

そこで、彼らはイエスに尋ねた。
「先生、では、そのことはいつ起こるのですか。
また、そのことが起こるときには、どんな徴(しるし)があるのですか。」
イエスは言われた。
「惑わされないように気をつけなさい。
わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがそれだ』とか、『時が近づいた』とか言うが、
ついて行ってはならない。戦争とか暴動のことを聞いても、おびえてはならない。
こういうことがまず起こるに決まっているが、世の終わりはすぐには来ないからである。」
そして更に、言われた。
「民は民に、国は国に敵対して立ち上がる。
そして、大きな地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい現象や著しい徴が天に現れる。
しかし、これらのことがすべて起こる前に、人々はあなたがたに手を下して迫害し、
会堂や牢に引き渡し、わたしの名のために王や総督の前に引っ張って行く。
それはあなたがたにとって証しをする機会となる。
だから、前もって弁明の準備をするまいと、心に決めなさい。
どんな反対者でも、対抗も反論もできないような言葉と知恵を、
わたしがあなたがたに授けるからである。
あなたがたは親、兄弟、親族、友人にまで裏切られる。
中には殺される者もいる。また、わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。
しかし、あなたがたの髪の毛一本も決してなくならない。
忍耐によって、あなたがたは命をかち取りなさい。」
(新共同訳)

私は最終節の忍耐という言葉が心に残りました。

忍耐によって、あなたがたは命をかち取りなさい。(新共同訳聖書)
By your perseverance you will secure your lives. (New American Bible)
In you r patience possess ye your souls. (Authorized Version)

日本語の「忍耐」は、新明解国語辞典によると、
「苦しみ、つらさ、怒りなどを、じっと我慢すること」
とあります。
Online Greek Interlinear Bibleだと、
ギリシア語のΥΠΟΜΟΝΗ(発音は「フポモネ」かな?)の下に
UNDER-REMAINing(持久力), endurance(忍耐、耐久性)
と注釈がついています。

イエスが身をもって示された忍耐はどんなだろう。
相手を、現状を、ありのままに受け入れる。
神の国の完成図が常に念頭にある。
すべての完成に向けて平安の内に待つことができる。
十字架の上で究極の苦しみとつらさを捧げ尽くされた。
1ヵ月前の虹の会で示してくださったように、
気を落とさずに今も絶えず=忍耐して(ルカ18・1参照)
私たちのために祈ってくださっている。

ちょうど10日前にバシリカ(特権を付与された教会堂)として
パパ様(教皇)ベネディクト16世に聖別されたサグラダ・ファミリアが
1882年3月19日(聖ヨセフの祝日)に着工して今年は128年、
ガウディ没後100周年の2026年に完成に向けて進行中であるように、
(新規建築と並行してある部分はすでに修復作業に入っているそうです)
イエスのそばでイエスの忍耐を身につけ、
すぐにキレたりせずに、でもキレたらすぐに結び直していただいて、
ねばり強ぉ~く私の命を完成させたい。
信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら(ヘブライ12・2)。
[PR]
by lumenchristi | 2010-11-17 23:01
年間第33火曜日
第11回百日連続共同祈願 63/100

f0185902_12454.jpg   ウィズ・エンジェルス、1年半ぶりの賛美の集いです。
   一緒に主を賛美したい人、集まれ~!

   日時:  11月23日(祝) 午後1時~3時
         賛美の後はティータイムがあります。

   場所:  カトリック渋谷教会 地下ホール

                       参加費: 無料
                              (入口で自由献金を受け付けています。)
[PR]
by lumenchristi | 2010-11-16 23:45

義の太陽光発電

年間第33月曜日
第11回百日間連続共同祈願 64/100


f0185902_16584199.jpg


大きくて見やすく、太陽電池で動く電波時計。
夫が1,000円で購入しました。
標準電波を受信して時刻を表示するのでとにかく正確です。

しかし、置き場所の居間の角にはいつもさんさんと陽が当たるわけではないので、
ときどき充電しなければなりません。
補助電池はついていないので、南向きの窓際で外向きに置いて充電しますが、
その間は時計としての役割を果たさないことになります。
ある曇りの日、パワーONにしたまま充電しようとしましたが、
取り込む電力よりも消費電力のほうが多かったらしく、
とうとうディスプレイに何も出なくなってしまいました。
値段が値段だけにもう使えなくなったのかと思いつつ、
パワーOFFにして翌日もう一度充電にトライ。
夕方ONにしてみたら、見事に復活していました。
でも年月日も時刻もまるで違う表示、調整の仕方も分からないので
しばらく放っておくと、またまた見事に正確な年月日と時刻に追いついていました。
すごいぞ電波時計038.gif

というわけで、
日常生活では活動しつつもこまめに祈りの充電をしましょう。
ときどき、とくに自分の内側で何かが正常に機能していないと感じたら、
完全に活動をOFFにして充電しましょう。
黙想の家で霊的指導を受けながら数日過ごすのが理想ですが、
自宅でもできなくはありません。
ただひたすら義の太陽、イエス様の愛の光を浴びましょう058.gif
[PR]
by lumenchristi | 2010-11-15 16:56

太陽の翼

年間第33主日
第11回百日間連続共同祈願 63/100

今日のミサの第一朗読より。

しかし、わが名を畏れ敬うあなたたちには
義の太陽が昇る。
その翼にはいやす力がある。

(新共同訳聖書 マラキ書3・20)

古代の人々は太陽には翼があり、天空を運行していると信じていた、
と「聖書と典礼」の注釈に書いてありました。

今日の答唱詩編ではありませんが、
同じようなイメージとしてこの詩編を思い出しました。

主よ、あなたの慈しみは天に
あなたの真実は大空に満ちている。
恵みの御業は神の山々のよう
あなたの裁きは大いなる深淵。
主よ、あなたは人をも獣をも救われる。
神よ、慈しみはいかに貴いことか。
あなたの翼の陰に人の子らは身を寄せ
あなたの家に滴る恵みに潤い
あなたの甘美な流れに渇きを癒す。
命の泉はあなたにあり
あなたの光に、わたしたちは光を見る。

(新共同訳聖書 詩編36・6~10)

義の太陽、主イエスはあなたとともに058.gif

f0185902_21443463.jpg
         ≪娘が小学生の時にパソコンソフトで描いた誕生会の招待状の絵≫
[PR]
by lumenchristi | 2010-11-14 23:26