***輝け主の栄光***Shine, Jesus, Shine


by lumenchristi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

受難の主日(枝の主日)
第9回百日連続共同祈願ミサ 87/100/9

f0185902_10532774.jpg

f0185902_10572644.jpg




















今年は昨年の枝を四旬節前に教会に持っていくのを忘れてしまったので、
今日入城の行列で使った枝と取り替えました。
来年は忘れずにまとめて持っていかないと。

イエスがエルサレムに入城されるとき、
人々はイスラエルをローマから解放してくれる王として迎え入れました。

大勢の群衆が自分の服を道に敷き、
また、ほかの人々は木の枝を切って道に敷いた。(マタイ21・8)

多くの人が自分の服を道に敷き、
また、ほかの人々は野原から葉の付いた枝を切って来て道に敷いた。(マルコ11・8)

イエスが進んで行かれると、人々は自分の服を道に敷いた。(ルカ19・36)

(……)祭りに来ていた大勢の群衆は、
イエスがエルサレムに来られると聞き、
なつめやしの枝を持って迎えに出た。(ヨハネ12・12-13)


以上、新共同訳聖書より。
「なつめやし」はフランシスコ会訳聖書では「しゅろ」と訳されています。

同じ南国の植物ながら、
日本ではより入手しやすいソテツがこの枝の主日の定番です。

新しいソテツは鮮やかな緑色。
葉先が堅くて鋭く、
イエスが数日後にかぶらせられるいばらの冠を思い起こさせます。
[PR]
by lumenchristi | 2010-03-28 23:27
神のお告げ 祭日
第9回百日連続共同祈願ミサ 84/100/9

久々にイグナチオ教会で正午のミサに与りました。

29年前の今日もイグナチオ教会で卒業感謝ミサに与りました。
洗礼を受けて2年たっていました。
以前の聖堂は左右の壁にステンドグラスの窓がずらりと並んでいて
右側のたしか前から2番目に大天使ミカエルのステンドグラスがあり
(記憶違いでなければ今はクリプタ地下聖堂にあります)、
その真下が私のお気に入りの席でした。
その日は上京した母(未信者)と共にそこに座っていたような気がします。
当時学長を務めておられたピタウ神父様(現枢機卿)が説教をなさいました。

「皆さんは正午12時になると響き渡るこの教会の鐘の音を
キャンパス内で耳にしたことでしょう。
ああもうちょっとで授業が終わる、お腹空いたなあ、と思いながら聞いた人もいるでしょう。
これは単なる時報ではなく、
救い主キリストがマリアの胎内に宿られた出来事を記念する鐘の音であり、
『お告げの祈り』を捧げる合図となっています。
年若いマリアは突然の天使の出現に驚き、
告げられたメッセージにさらに驚いたことでしょう。
でもマリアは自分の使命を知り、それを受け入れ、『はい』と答えました。
そして世界は変わりました。
今日卒業する皆さんも神から与えられる使命に『はい』と答えてください。
そうすれば世界は変わります。」

という内容だったことを
土手であの頃と同じように咲いているレンギョウや桜の花のすき間から
雨空や教会の塔や歩道を進む傘の行列を見ているうちに
思い出しました。

マリアの「はい」からヨセフの「はい」へ、
そしてイエスの「はい」へ。
そして使徒たち・弟子たちの「はい」へ。
そして何千万何十億の人々の「はい」へ。
時空を超えて鐘の音は鳴り響いています。

私の日々瞬間の「はい・フィアット」も
フォルティシモでもピアニシモでも
聖霊に覆われてお言葉どおりに鳴り響きますように060.gif
(実際には雑音多い…008.gif


f0185902_20334884.jpg




f0185902_20342915.jpg
[PR]
by lumenchristi | 2010-03-25 20:26

ヨセフ様、大好き!

聖ヨセフ 祭日
第9回百日連続共同祈願ミサ 78/100/9


f0185902_20192038.jpg


3月19日にヨセフの記念を行う習慣は、10世紀の西方教会の教会暦に見られる。
処女マリアの夫ヨセフは、聖家族の長としてイエスを守る勤めをゆだねられていた。
教会は、ナザレの聖家族の保護者であったヨセフを、
キリストのからだである教会の保護者として崇敬している。

(『毎日の読書』第2巻164ページより)

なぜ3月19日なのか、確たる記録は残されていないようです。

天のお父様、
あなたは御子キリストの地上の養父として
ダビデの末裔(まつえい)、ナザレの大工、ヨセフを
お選びになりました。
この聖家族の頭(かしら)、地上の父を通して
イエスはどれほど広く深く天の父であるあなたの愛を受けたことでしょう。

ヨセフ様、
日中数回あなたに呼びかける私にとって
あなたは大きな信仰の模範・守り・支え・力です。
いつもいつもありがとうございます。
今日、すべての家庭の夫・父親のために
すべての司祭と男子修道者のために
あなたのこの祝日に叙階や誓願の祝福を受けた兄弟たちのために
あなたの霊名をいただくすべての兄弟姉妹のために
私たちのパパ様、教皇ベネディクト16世(本名ヨーゼフ・アロイス・ラッツィンガー)のために
彼らの中で大きな試練と誘惑にある兄弟姉妹のために
あなたと共に天の父の祝福と慈しみを祈り求めます。
私たちの主イエス・キリストによって。アーメン。

今日はFast(断食)ではなく、Feast(祝宴)!
なので昨日の娘の誕生日に続いて今日もケーキでお祝いしました。
聖ヨセフの生涯と信仰を思い起こさせる(私だけかなあ?)
見た目シンプル濃厚な味わいのチーズケーキです。
上にのっかっているのは、15年前新婚旅行でフランスを訪れた際
パリ市街のエマヌエル共同体で購入した聖家族の小さなイコン。


f0185902_10404518.jpg
   花より団子、今頃になって気づきました、
   百合の花を飾ればもっとよかった008.gif
[PR]
by lumenchristi | 2010-03-19 23:54

ミニ・クリスマス

四旬節第4木曜日 26/40
第9回百日連続共同祈願ミサ 77/100/9


f0185902_1654683.jpg


生れた側にとってそれは記憶の奥底に沈む錨(いかり)
産んだ側にとってそれはまだつながっている記憶のへその緒
生れる側も産む側も体力気力を出し尽くし
「お疲れ様~」で顔を合わせれば
しわしわまっかの顔なのに
おかしいくらいパパそっくりで

目には見えないけど母は知っていた
あの分娩室であなたの誕生に立ち会っていたのは
お父さんだけではなくて
イエス様もマリア様もヨセフ様も天使たちもいたことを
まだ目のよく見えないあなたの方が
その時はよく見えていたかもしれないね

あなたを抱いたとき確信した
こんなに愛らしくて唯一無二の存在として造られた生命(いのち)が
ただの塵(ちり)に返ったり
輪廻の中でぐるぐるリサイクルされることなど絶対あり得ない
あなたはあなたで永遠にあなただから

わたしは確信しています。
死も、命も、天使も、支配するものも、
現在のものも、未来のものも、
力あるものも、
高い所にいるものも、低い所にいるものも、
他のどんな被造物も、
わたしたちの主キリスト・イエスによって示された
神の愛から、
わたしたちを引き離すことはできないのです。

                      (新共同訳聖書 ローマの信徒への手紙 8・38-39)


こちらは先月2月18日生れ、生後1カ月を迎えたMちゃんのかわいいあんよ037.gif

f0185902_1661364.jpg

[PR]
by lumenchristi | 2010-03-18 23:11

荒れ野のオアシスで一息

四旬節第二土曜日 16/40
第9回百日連続共同祈願ミサ 65/100/9


f0185902_2133451.jpg



昨日の予告どおり、
神の慈しみの泉で潤ってきました。

前半は、顕示されたご聖体の前で
さまざまな賛美の歌、
神のいつくしみの祈りの花束、
聖ファウスティナの証しの言葉。
一つひとつの言葉や音が
天から滴り落ちる神の慈しみ、misericordia053.gifのしずく。
私の惨めさ、miseria054.gifにしみとおります。

ミサで朗読された今日四旬節第二土曜日の聖書のみ言葉、
ミカ書7・14‐15、18‐21もルカ15・1‐3、11‐32も
慈しみ尽くし。
この放蕩息子の物語は本当は「愛において放蕩する父親の物語」と呼ぶ方がふさわしい、
と説教で言われた神父様。
朗読中に何度か登場した
「お父さん」という言葉の響きは
イエス様と神父様の単旋律(モノフォニー)のようでした。

あの缶コーヒーのCMではありませんが、
「ぜいたくだ!」063.gif
[PR]
by lumenchristi | 2010-03-06 23:58

荒れ野のオアシス

四旬節第二金曜日 15/40
第9回百日連続共同祈願ミサ 64/100/9


f0185902_849083.jpg


明日はここにいます。
[PR]
by lumenchristi | 2010-03-05 08:55