***輝け主の栄光***Shine, Jesus, Shine


by lumenchristi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ハロウド・ビー・ザイ・ネーム ∞ Hallowed-Be-Thy-Name

年間第30土曜日
第八回百日連続共同祈願 047/100/8

今からちょうど30年前、1979年の今日、
私は交換留学生として
米国ミズーリ州立大学コロンビア校(University of Missouri-Columbia)にいました。

その年の4月15日に上智大学で洗礼を受けた私にとって、
学業生活もさることながら、同じように大切だったのは信仰生活。
渡米前から、
「寮のルームメイトはクリスチャンでありますように、
歩いて通えるカトリック教会があり、よい共同体でありますように」と祈っていましたが、
クリスチャン1年生の私のために神様はちゃあんと備えていてくださいました。

ルームメイトは聖書を愛するプロテスタントのクリスチャン、
広大なキャンパスの中にはいくつか教会があり、
カトリック信者のためにはニューマン・センターがありました。
洗礼を受けてすぐにカトリック初台教会で聖霊生活セミナーに参加し、
聖霊の満たしを受けた私にはさらにうれしいことに、
このニューマン・センターにはカリスマ刷新の祈りの集いもありました。

さらに、何がきっかけだったか忘れてしまいましたが、
キャンパス・クルセード・フォー・クライスト(Campus Crusade for Christ)の
学生たちとも知り合い、聖書勉強会や行事に誘われて参加しました。
10月31日のハロウィーンの夜に招待されたのは、
ハロウド・ビー・ザイ・ネイム(Hallowed-Be-Thy-Name=御名が聖とされますように)パーティー。
仮装は仮装でもお化けや魔女ではなくて、
聖書に登場する人物の格好をして来てください、というのがルール。
会場には十戒の板を手にするモーセやお腹に枕を入れたエリサベトなど、
創意工夫を凝らしたいでたちの男女学生が30人ほど集まりました。

私はシーツを一方の肩にかけて膝上の衣装に見えるように手持ちのベルトで押さえ、
洗濯物を干すハンガーを竪琴に見立て、石投げ紐と石を腰に下げ・・・。
分かりますか? ダビデの格好で臨みました。
仮装コンテストもあり、私のダビデは好評を博して入賞し、
賞品にキャラメルがけのりんごをもらいました024.gif

あの時は、11月1日が諸聖人の祭日であり、
ハロウィーンの文字通りの意味はその前夜祭であることに気づいていなかったような気がします。
でも、あの30年前のハロウィーンはクリスチャンのお祝いにふさわしい過ごし方だったと
改めて神様の心配りに感謝しています。
[PR]
by lumenchristi | 2009-10-31 23:14